犬が押しちゃったスピーカーのダストキャップ、爪の穴を直そう。JBL LE5リペア(後編)完成

 前編からの続きです(^_^)。

 事務所の方にパーツを指定して色々注文してもらった。その後『部品が届いた』の報告があったので早速作業開始。普通センタキャップというと紙なんですがこのLE5の部品はアルミでできたダストキャップなので、力がすこしでも入ったりすると変形してしまう・・・注意深く。

 爪楊枝で「ソフトとりもち」をつくり、キャップをゆっくりのせる。コーン面とキャップ両方にグルーが塗ってあります。数十分乾かしてのせます。

中々きれいにできた

 ズレないよう一回でのせないとだめです。。のせたら綿棒とかで優しく押して接着します。はみ出さないようにね!忍耐でできた☺️。接点磨いたり、色々したあと本体にはめて試聴。

 中々いいね。ネジが錆ているけれど、今度ね!

全カテゴリー新着記事

もういちど読みたい産経デジタルiRONNA執筆記事

小西寛子アンカー動画

方針・お問い合わせなど

●当メディアの編集方針は,基本として小西編集長の気になる事象を取り上げています。取り上げて欲しい内容は,「ANALOGシンガーソング編集部」までお気軽にご連絡下さい。

●配信はフレックスです。ご利用のアプリでフォローしていただき記事を楽しんで下さい。

取材等情報アドレス
joho@hirokokonishi.com

BEETKIDS STUDIO TOKYO

Wolfgang LABEL
ANALOGシンガーソング編集部

運営会社:オフィススクワレル合同会社 (東京・長野・千葉・UK&IRELAND)

メタ情報