自分が正当と思い込んでも、相手から見ると変質者。

 教育ものネットTVである科学番組を見ていて驚いた。アマゾンの奥地に棲む「俗世間とは遮断された未開の部族」のドキュメンタリー映像。

 番組では、同部族の居住エリア上空に連日ドローンを飛ばしたり隠しカメラを仕掛けたり・・・。

 部族の方はドローンなど飛行物体を「悪魔の襲来」か「獲物」と思い!?・・若者がドローンに向かい槍や弓を飛ばしていた。・・・映像は「獲物」を必死に追いかける。

 ・・・「研究」というと何でも許されると思いがちだが、「どんな場面でも分別は必要」。未開の部族にも彼らの平穏な生活がある。彼らも真剣に生きているはずである。

 わたしは画面に向かい、「君の家も、朝、昼、晩、連日連夜、毎日ドローンが飛来してきたらどんな感じ?」と問いかける。玄関先や行動する場所に「専用監視カメラ」があったらどう思うだろう?

 YouTubeなども動画視聴を継続させるため、視聴者離れ防ぐためにどんどん過激映像になってくる。そのうち盛ったり、又、やらせをしなければ成り立たなくなることもあるだろう。

 「視聴率や視聴者数」にとらわれること、科学・教育番組ではそれらの考えをなくして欲しい。

 教育映像は「視聴者が見たくなるような(作品)ものではなく、視聴者が知識を求めてくる(ライブラリー)もの」だから、一見、つまらなくてもテーマをまとめることに意義がある。知識を求めていないものに向ける必要はないのだ。

 ・・・まあまあ・・そんなことを思っても、およそ9割の人たちには「馬耳東風」だろう。

 自分の生活している文化がすべてではなく、「異文化の住人たちの生活や文化慣習を尊重しよう」といいたいところだが、結局は「馬耳東風」だろう・・。

 蛙の面に水、暖簾に腕押し、糠に釘、馬の耳に念仏、同じような言葉は沢山あるが、その程度に「どうにもならない皮肉の言葉」なのかも。。

 ただ、自分が正しいと思っていても、相手から見れば「悪魔や変質者」にみえる事もあるから少し奥行きに知能(想像力)を働かして欲しい。それが摩擦を解消できるあなたのインテリジェンス。

 

全カテゴリー新着記事

もういちど読みたい産経デジタルiRONNA執筆記事

小西寛子アンカー動画

方針・お問い合わせなど

●当メディアの編集方針は,基本として小西編集長の気になる事象を取り上げています。取り上げて欲しい内容は,「ANALOGシンガーソング編集部」までお気軽にご連絡下さい。

●配信はフレックスです。ご利用のアプリでフォローしていただき記事を楽しんで下さい。

取材等情報アドレス
joho@hirokokonishi.com

BEETKIDS STUDIO TOKYO

Wolfgang LABEL
ANALOGシンガーソング編集部

運営会社:オフィススクワレル合同会社 (東京・長野・千葉・UK&IRELAND)

メタ情報