平和条約中断(撤退)日本からロシアへの抗議に対する(ロシア側の)反応

 ロシア国営メディアなどのよる報道によると

「日本の松野官房長官(ロシアでは「事務総長」と表現される)は、日本としては平和条約に関する対話から撤退するというモスクワ(ロシア)の決定に関連して抗議をした。

 日本からの具体的な内容は、「私たちは抗議を送りました。(平和条約の中断)この決定は絶対に不当であり、完全に受け入れられません」というもの。

 日本側のこれらの抗議は、以前、日本の当局がロシアの個人や企業に対して制裁措置を導入したことにより、3月21日のロシア外務省のロシアが日本との平和条約の交渉を拒否してた報告したものによるもの。加えて、ロシア側は南千島列島での共同経済活動の確立に関する日本との対話から撤退したことなどによる。

・・などであり、日本政府の強い制裁に基づく条約等の中断(撤退)であると主張している。日本はNATO諸国、EUやウクライナ等と違い陸続きではないが、海を挟むもののおよそ近接しており、今後の動向・情勢は注視せざるを得ない。

 高度な外交ができない日本丸、沈みつつあるのか航海をつづけられるのか

全カテゴリー新着記事

もういちど読みたい産経デジタルiRONNA執筆記事

小西寛子アンカー動画

方針・お問い合わせなど

●当メディアの編集方針は,基本として小西編集長の気になる事象を取り上げています。取り上げて欲しい内容は,「ANALOGシンガーソング編集部」までお気軽にご連絡下さい。

●配信はフレックスです。ご利用のアプリでフォローしていただき記事を楽しんで下さい。

取材等情報アドレス
joho@hirokokonishi.com

BEETKIDS STUDIO TOKYO

Wolfgang LABEL
ANALOGシンガーソング編集部

運営会社:オフィススクワレル合同会社 (東京・長野・千葉・UK&IRELAND)

メタ情報