『特集、ロシア最前線報道を追う!』気になるニュースを二点(中国と台湾、マウリポリ住民)

 アナログシンガーソング編集部では、特集としてロシア語ニュース、RIAノーボスチや政府系RT報道動画屋記事など、西側諸国などで容易に閲覧できないロシア関連記事などをピックアップ。情報の少ないロシア語などの知りたい動画や国内報道ニュース映像をそのままの内容でシェアします。

*上記ファイルのいかなる権利、著作権は作成に存在します。当方はニュースメディアとして、いかなる情報についても個人の知る権利のために調査・収集しています。情報の真偽判断はそれぞれ受け取る側に委ねられています。当アナログシンガーソング編集部の理念としての公平、公正な立場をご承知おきください。

 モスクワ時間現地時間、午後12時19分に伝えられたRT軍事特派員Hassan氏の伝える映像によると、マウリポリの地元住民はいくつかの地域で自由に移動できるようになったと伝えられている。再会出来た親戚同士はお互いを見つけ「感動で涙を抑えきれない」といいます。

 この場所への人道援助は引き続き行われており、ロシア国防省の公式代表であるイゴール・コナシェンコフは「マリウポリは国の大隊から完全に解放された」と述べた。

 ウクライナ軍の残りの部隊は市内で包囲されており、現在も逃れることはできずに居るという。詳細については、RT軍事特派員Hassan Nassr氏が映像で伝えています。

中国外務省「中国本土と台湾は間違いなく再会する」

 モスクワ時間現地時間、午前11時42分に伝えられた国営RIAノーボスチ、RTニュース等ロシア語の各報道によると「中国本土と台湾は確かに団結するだろう」と、中国外務省の趙立堅公式代表によって述べられたと伝えられた。

 同氏によると、「団結」と強調されているように、北京は台湾と平和的な再会をするためにあらゆる努力をすると述べている。

 これまでに、中国国防省のスポークスマンである呉倩上級大佐が「最近の米国議会議員の台湾訪問は、中米関係の政治的基盤を損なう」と述べ、中華人民解放軍東部地域戦闘司令部の報道機関も、中国軍が米国の挑発的な行動に応じて台湾地域で軍事演習を実施すると報告していたことに続いた発言とされる。

小西寛子の音楽を聴いてアナログシンガーソング編集部の活動をバックアップ

どこからも利益や影響を受けない完全独立系の客観的なニュース。世界的な情報ネットワークで誰もしらない情報まですべて無料!小西寛子の生み出す音楽を聴いて本ウェブサイトの応援お願いします。CDはこちら

全カテゴリー新着記事

もういちど読みたい産経デジタルiRONNA執筆記事

小西寛子アンカー動画

方針・お問い合わせなど

●当メディアの編集方針は,基本として小西編集長の気になる事象を取り上げています。取り上げて欲しい内容は,「ANALOGシンガーソング編集部」までお気軽にご連絡下さい。

●配信はフレックスです。ご利用のアプリでフォローしていただき記事を楽しんで下さい。

取材等情報アドレス
joho@hirokokonishi.com

BEETKIDS STUDIO TOKYO

Wolfgang LABEL
ANALOGシンガーソング編集部

運営会社:オフィススクワレル合同会社 (東京・長野・千葉・UK&IRELAND)

メタ情報