『特集、ロシア最前線報道を追う!』ウクライナはアゾフスタリの戦闘員に降伏を命じるとメディア

 アナログシンガーソング編集部では、特集としてロシア語ニュース、RIAノーボスチや政府系RT報道動画屋記事など、西側諸国などで容易に閲覧できないロシア関連記事などをピックアップ。情報の少ないロシア語などの知りたい動画や国内報道ニュース映像をそのままの内容でシェアします。

 

 モスクワ時間5月16日, 23:01 発 RTニュース、AP通信などは、ウクライナ軍参謀本部による16日夜のSNSなどで、マリウポリのアゾフスタリ製鉄所に閉じ込められた軍人が降伏を命じられたことを確認したと報じている。

 SNSの詳細な内容は「駐屯軍(マリウポリ)」は、割り当てられた戦闘任務を完了した。「軍最高司令部は、アゾフスタリにある部隊の司令官に職員の命を救うよう命令を出した」とウクライナの軍事声明は説明。

 ウクライナ政府の主張は「アゾフスタリで部隊が争いを維持している間、それら兵士がロシア軍による他活動するのを防いだ。」といい、又「両国は、ドンバスの運命をめぐる8年間の対立に続いて、モスクワが隣国を攻撃した2月以来、本格的な紛争に巻き込まれている。

 ウクライナ政府は、アゾフネオナチとその通常部隊のメンバーは、「(近くの)ザポリージャを迅速に占領するための(ロシア化)計画の実施を阻止し、ドネツクとザポリージャのその地域の行政境界へのアクセスを許可しなかった」と主張した。

 ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は、彼らの帰還に取り組むには「繊細さと時間」が必要だとも述べた「ウクライナ軍、諜報機関、交渉グループ、赤十字国際委員会、国連の行動のおかげで、私たちは私たちの人々の命を救うことができることを願っています。ウクライナにはウクライナの英雄が生きている必要があることを強調したいと思います。これが私たちの原則です。適切な人なら誰でもこれらの言葉を理解できると思います。私たちの軍隊を家に戻すために、仕事は続きます、そして、この仕事は繊細さと時間を必要とします」と彼は言いました。

 また、「彼らの大部分はネオナチの(アゾフ連隊)のメンバーです。グループの軍服にはナチの記章があり、そのメンバーは卍などのシンボルの入れ墨がほどこされています。

 最初の司令官アンドリー・ビレツキーは、「セム族主導のウンターメンシュ(劣った人間)に対して…最後の十字軍で世界の白人種族を率いる」ことがウクライナの使命であると信じていると語った。

降伏の第一段階は月曜日に完了している。

 最新報道によると、264人の兵士がアゾフスタリを去り、現在、ロシア制圧下のノボアゾフスクの病院に53人の負傷した軍人がおり、同制圧下のエレノフカには211人の兵士が移動(どちらも、ロシア制圧下のドネツク人民共和国の一部)。

映像:@TASS_infographics
*上記映像のいかなる権利、著作権は映像元に存在します。当方はニュースメディアとして、いかなる情報についても個人の知る権利のために調査・収集しています。情報の真偽判断はそれぞれ受け取る側に委ねられています。当アナログシンガーソング編集部の理念としての公平、公正な立場をご承知おきください。

 ロシア情報筋によると、約2,200人が巨大なアゾフスタリ複合施設の地下室に閉じ込められていると推定しています。敷地の長さは11平方キロメートルで、その地下部分は核攻撃に耐えるように設計されている。

 ウクライナ国防副大臣 Anna Malyarとウクライナ軍参謀本部によると、降伏した者は、ウクライナ政府によって捕虜となったロシア人捕虜と交換される。但し交換条件は未定。

 一方、ロシア政府はまだ交換について公の声明を出していない、ウクライナ側は「降伏」という表現の使用を避けようした。

 最後のウクライナ兵士がアゾフスタリを去った後、マリウポリの戦いは事実上終わり、ロシアは戦略的に重要な都市の完全な支配権を獲得するとされている。

小西寛子の音楽を聴いてアナログシンガーソング編集部の活動をバックアップ!

どこからも利益や影響を受けない完全独立系の客観的なニュース。世界的な情報ネットワークで誰もしらない情報まですべて無料!小西寛子の生み出す音楽を聴いて本ウェブサイトの応援お願いします。CDはこちら

全カテゴリー新着記事

もういちど読みたい産経デジタルiRONNA執筆記事

小西寛子アンカー動画

方針・お問い合わせなど

●当メディアの編集方針は,基本として小西編集長の気になる事象を取り上げています。取り上げて欲しい内容は,「ANALOGシンガーソング編集部」までお気軽にご連絡下さい。

●配信はフレックスです。ご利用のアプリでフォローしていただき記事を楽しんで下さい。

取材等情報アドレス
joho@hirokokonishi.com

BEETKIDS STUDIO TOKYO

Wolfgang LABEL
ANALOGシンガーソング編集部

運営会社:オフィススクワレル合同会社 (東京・長野・千葉・UK&IRELAND)

メタ情報

ANALOGシンガーソング 小西寛子編集マガジン