自分から陽に向かう可憐な植物たち(‘-‘*)

筆者の家の庭で植え替えたカレンデュラも(ポットマリーゴールド)最初は元気なく「しなしな」していたけど水を与え数時間したら元気よく太陽の方を向いた!!・・まるでガラパゴスのトカゲたちみたいな感じ。

筆者自身は昔から頑固なんだけど実は極度の引きこもりで本当はこうやってブログなどで表現するのも苦手。仲間が声をかけてくれるからなんとかやっている・・・・(笑)筆者の昔や生を知っている人はわかるだろうけど「自分からアピールするなどの社交的な感覚とはほど遠い。」

演技や音楽や車やバイク、スノーモービルに山歩きとお裁縫やお料理、チビッコ達への教育。それだけは生きてて楽しい。ネットなどでも「干された、たかだか何年」その他自分アピール出来ないと業界で成功しないとか声高々にいわれているけれどしなくても夢を叶えた部分は沢山ある。

そういうことを書き込んだりする人に必ずしも筆者と同じ夢を叶えたか?と聞いて見たい。アニメの主役などでもほんの一部の人以外にはなれない部分は多いわけだから同業者が匿名で書き込むならイザ知らず、筆者に対してに限らずどんな人に対しても自分で出来ない事には批判したりすべきでない。・・著名になったわけでもなく、配役として実現できた夢、夢というのは自分で近づくためのもの。これは経験者として歌っています(夏の恋花1987の詞にも書いた

 さて、筆者にとってのブログやツイッターは自己アピールではなく同じ趣味や感覚を持った仲間との信号(交信)のようなもの・・自分の俺コレや押しつけみたいなのは猿山の猿みたいでイヤ。それぞれ違うのに尊重が無いのは困るけどあえて特別な扱いを見せる最近多いヤフーニュースにあるような、芸能人持ち上げ記事みたいなのもただひたすら痛い!・・マウンティングっていうのも馴染まないです。

 ところで音楽でいえばキー(音程)がずれてれば音痴になるしハーモニーにもならないですが気がつかなければキー違いなのに強引に歌を聴かせるひとも多い。それを押し通すような世界が今の社会にはある。イヤなものをお構いなしに見せつけ押しつけてくるのが不思議。知性もかけらもあったものではない部分は存在する。しかしながらコロナ禍でいまはみんな苦しい。メディアも自分の生活のためのお金しか考えていない。でもちょっとやり過ぎ(限度を知らない)そんな社会であなたはどうやって生きて行きます?

 筆者はぶれず素直に太陽のある方を向いて生きていきます。暖かさとぬくもりと栄養のそれだけで生物は生きていける。カレンデュラをみていてそう思う。自分を見て欲しくておかしい事したり、他人を押しのけるのではなく自然に堂々と陽に向かいたいな。そうそうカレンデュラは薬効もある・・・・。きれいで可憐なだけではなくあなたを守ることもできる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

全カテゴリー新着記事

もういちど読みたい産経デジタルiRONNA執筆記事

小西寛子アンカー動画

方針・お問い合わせなど

●当メディアの編集方針は,基本として小西編集長の気になる事象を取り上げています。取り上げて欲しい内容は,「ANALOGシンガーソング編集部」までお気軽にご連絡下さい。

●配信はフレックスです。ご利用のアプリでフォローしていただき記事を楽しんで下さい。

取材等情報アドレス
joho@hirokokonishi.com

BEETKIDS STUDIO TOKYO

Wolfgang LABEL
ANALOGシンガーソング編集部

運営会社:オフィススクワレル合同会社 (東京・長野・千葉・UK&IRELAND)

メタ情報