小山田圭吾氏の従兄弟、田辺晋太郎氏の発言でSNS炎上!火の粉が飛んだ先はヤマサ醤油。

(写真、田辺晋太郎氏の発言によるSNS炎上に対応するヤマサ醤油ウェブサイト)

はーい、正義を振りかざす皆さんの願いが叶いました、良かったですねー!

 過去の雑誌に掲載されたいじめ記事の内容が、障がい者に対する悪辣ないじめと批判された小山田圭吾氏(52)、オリンピックでの楽曲提供辞退発表の後、従兄弟で肉マイスターや音楽関係者として活動する田辺晋太郎氏(42)(@tanabeshintaro 20日現在アカウントは削除)が、小山田氏の辞退に水を差す“逆ギレ”とも思える常軌を逸したツイートをした。

 氏は小山田氏の従兄弟という近しい関係から、小山田氏自身にもマイナスなイメージを与えるなどの更なる炎上を起こし、その火が以前田辺晋太郎氏が監修をしていた「商品」にまで飛んだ結果、商品メーカーであるヤマサ醤油までもが必要のない謝罪を強いられた。

 ヤマサ醤油と田辺晋太郎氏との契約は既に終了していたが、同氏が登場する商品のコンテンツはヤマサのウェブサイト上に残っていたことでSNSユーザーなどが炎上し、もはや関係ないヤマサ醤油が「ご不快な思いやご懸念を抱かせてしまったことにお詫び申し上げます」と、公式サイト等で謝罪をした。

 ネット炎上による企業イメージの毀損は「バイト・テロ」などを含めるとかなりの数に及ぶが、今回のように既に当事者関係も商品も消滅(リニューアル)しているのに、契約終了した商品にまで影響を及ぼしてしまったのはもはや災難としかいいようがない。

 筆者は、この田辺氏が問題発言を行った頃から確認しており、飛び火がツイッターなどでトレンドにもなってしまっているのも目の当たりにした。本件は、ヤマサ醤油側としてはもらい事故の様なものであるが、日頃から「ネット中傷被害の撲滅を啓蒙」している筆者としてはメディアの責務として、ヤマサ醤油さんの許可を得て経緯ツイートの掲載をさせてもらった。

 

 尚、ヤマサ醤油ウェブサイト上でもニュースリリースはされているので、確認されたい。

 商品広告にタレント等を起用する場合、何か起きた時の対応は早いほうが良いし、そもそも起用前に代理店などがキチンと身体検査をしなければならない時代かも知れない。これもリスクマネジメントのひとつであろう。

One thought on “小山田圭吾氏の従兄弟、田辺晋太郎氏の発言でSNS炎上!火の粉が飛んだ先はヤマサ醤油。

  1. せっかく小山田氏が形だけでも収拾をはかったのに、田辺氏はひっくり返した上さらに回りを巻き込んだわけですね。

天狐+空幻 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

全カテゴリー新着記事

もういちど読みたい産経デジタルiRONNA執筆記事

小西寛子アンカー動画

方針・お問い合わせなど

●当メディアの編集方針は,基本として小西編集長の気になる事象を取り上げています。取り上げて欲しい内容は,「ANALOGシンガーソング編集部」までお気軽にご連絡下さい。

●配信はフレックスです。ご利用のアプリでフォローしていただき記事を楽しんで下さい。

取材等情報アドレス
joho@hirokokonishi.com

BEETKIDS STUDIO TOKYO

Wolfgang LABEL
ANALOGシンガーソング編集部

運営会社:オフィススクワレル合同会社 (東京・長野・千葉・UK&IRELAND)

メタ情報