人生書きかけの記事、藤原啓治お父さんへオクルコトバ。

(写真:Amazon商品 小西寛子 DVD十兵衛ちゃん より)

筆者の声優の先輩である藤原啓治さんが亡くなった。現場で昔ご一緒させていただいた時の印象、藤原啓治さんと言えば、狸のキャラクターの声当ててたけどまさにぴったりの方。

 私生活は知らないが現場でお会いするときはいつもチャランポランな感じで、演技も自然。筆者の主観だが、演者の目で見てドラ親父を演じたら多分右に出るものはいないと思う。しんちゃんのお父さん、代役では森川さんがやられていたけれど、チャランポランさの演技はとてもとてもリアルチャランポランには叶わないのかな?そういう人。

 筆者は十兵衛ちゃんというアニメでご一緒させて頂いた。筆者のお父さん役である。そのお父さんに現場でお会いするなり「小西〜、ジーパン洗ったら白くなっちゃったよ〜」っていう感じ。それは私としての唯一のお父さんの記憶。

 十兵衛ちゃんは日本や世界のアニメでも珍しい当てがきというもので作られた。当て書きの名の通り筆者の生まれ故郷の川越や中高校生時代の筆者が基本的なイメージのモデルで製作されたアニメ。そのなかでのお父さんも作品の世界観からキャスティングされたと思われる。

 藤原啓治さんはプロ。菜の花自由のお父さん彩。本当にこのアニメの制作陣の本気を感じた。あてがきというのはリアリティの追求だがお父さんだけでなく周りがみんなプロ。スタッフなどと縁がなくなりこの作品の後継を継ぐ事はなくなったが現場の記憶は残る。上品な綺麗な職人の上手い世界ではなく親子の演技として最高のものを演じた。

 藤原啓治さんと筆者の親子の会話。時間があったらその部分だけでも見てほしい。演者にしかわからない間かもしれないけれど多分皆さん涙を浮かべてくれるかも・・・そして星になったお父さんを思い出してくれるかも。藤原啓治さん、良い経験させていただいて有り難うございました。

 そしてさようなら、どこか新しい星の✨世界でも、今度は元気に、チャランポランに生きてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

全カテゴリー新着記事

もういちど読みたい産経デジタルiRONNA執筆記事

小西寛子アンカー動画

方針・お問い合わせなど

●当メディアの編集方針は,基本として小西編集長の気になる事象を取り上げています。取り上げて欲しい内容は,「ANALOGシンガーソング編集部」までお気軽にご連絡下さい。

●配信はフレックスです。ご利用のアプリでフォローしていただき記事を楽しんで下さい。

取材等情報アドレス
joho@hirokokonishi.com

BEETKIDS STUDIO TOKYO

Wolfgang LABEL
ANALOGシンガーソング編集部

運営会社:オフィススクワレル合同会社 (東京・長野・千葉・UK&IRELAND)

メタ情報