1954年 R51/3 

おはよう!ネットオークションをみていたらR51/3という美しいバイクが出品されていた。このバイク、基本的にWW2戦前からあったバイクで戦前はR51/2、戦後にこのR51/3となる。戦中で物資調達が困難(部品等)の関係といわれるように、戦前モデルであるR51/2は少しチープでメカニカルな音がしてエンジン音も大きい。でも、戦後のR51/3は実際とても静かなエンジンだとおもいます。上の写真では無くネットオークションの写真をみると1954、当然スウィングアームではないの時期のモデル?戦後モデルとしては1951〜1954が同じカタチですよね(^^ )

当該ネットオークションページには「不動」と書いてあったのでワクワクしてしまうけれど、車が大きくなるとそれだけレストア作業の時間がかかるからむりかな?やっぱり・・。

でも、ウラルにしろOHVボクサーエンジンは魅力ありますよね・・・w。ほんとうは車もなしでサイドカー1台で暮らしたいんだけれどなあ

わたしの車も、むかしからほとんどボクサーエンジンだけどw

追伸とはいえ、目の前にあればシルバービジョンだって、ダイハツハローだって修復したいと思うw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

全カテゴリー新着記事

もういちど読みたい産経デジタルiRONNA執筆記事

小西寛子アンカー動画

方針・お問い合わせなど

●当メディアの編集方針は,基本として小西編集長の気になる事象を取り上げています。取り上げて欲しい内容は,「ANALOGシンガーソング編集部」までお気軽にご連絡下さい。

●配信はフレックスです。ご利用のアプリでフォローしていただき記事を楽しんで下さい。

取材等情報アドレス
joho@hirokokonishi.com

BEETKIDS STUDIO TOKYO

Wolfgang LABEL
ANALOGシンガーソング編集部

運営会社:オフィススクワレル合同会社 (東京・長野・千葉・UK&IRELAND)

メタ情報