あの頃の青春、初恋は切符とともにオルゴールの中という物語。

新年、あけましておめでとうございます。

 ツイッターでもつぶやきましたけど昔からチヤホヤされたことはないですが、歳を重ねるごとに、年々年末年始の挨拶を交わす方は少なくなったんですねw。

 しかしながら、変わらずご贔屓をいただける人が残っていらっしゃる。私のルーツである和歌山風に「おおきに」・・・本年もよろしくお願いします。

・・・さて

 コロナ禍で制作した前作CD、小西寛子1975は好評をいただき、在庫も残すところ数十枚になった。CDそのものが苦戦する中、アナログ好きの音楽マニアさんや、レトロ歌謡曲、70s洋楽ファン、サーフミュージック好きのみなさん、フォーク好き、真空管好きのこだわりのある方々が沢山聞いてくれたのは驚きです。

 歳を重ねるごとに忘れやすいのが青春時代の思い出。本当は「あの頃に戻りたい」と思うはずなんだけど、大人は現実的に葬り去ってしまうんですよね?

 でも私は違うんですw。寧ろ思い出は大切に、いつでも思い出を引き出しから出して幸せになれる。演劇人だからでは無いけれど、そこにアルバムでリアリティを表現できるんですよ。

 話は変わりますが、新作アルバム作りをはじめました。前からよく言ってますが、奏でる音はその音楽のイメージするところの時代に存在しているものがいい。例えば60年代ならその年代の音。でも・・わたし自身が70年代生まれなんですけれどね(笑)

 しかしながら、わたしは演じる人なのでタイムマシンを使える・・その時代に飛んで!まんまと演じるw

 AMラジオやジュークボックスから流れてくるような歌声の詞にドキドキ💓して欲しい。男性も女性も、ドキドキを忘れていませんか?わたし自身も年齢を重ねて大人ですけど、いつまでも一途な思いを捨てないで、古い考えの女性と思われても気にしないで女子を続けていますよ。もちろん、これからもずっと

  数ヶ月かけて楽器もアンプもメンテナンスして、当時の音とともに歌とメロディを書いていきます。夏頃に作品ができるまでw

寛子

全カテゴリー新着記事

もういちど読みたい産経デジタルiRONNA執筆記事

小西寛子アンカー動画

方針・お問い合わせなど

●当メディアの編集方針は,基本として小西編集長の気になる事象を取り上げています。取り上げて欲しい内容は,「ANALOGシンガーソング編集部」までお気軽にご連絡下さい。

●配信はフレックスです。ご利用のアプリでフォローしていただき記事を楽しんで下さい。

取材等情報アドレス
joho@hirokokonishi.com

BEETKIDS STUDIO TOKYO

Wolfgang LABEL
ANALOGシンガーソング編集部

運営会社:オフィススクワレル合同会社 (東京・長野・千葉・UK&IRELAND)

メタ情報