スズキ SUZUKI VS56A、VK57A、イントルーダー他シャフトドライブ系バイクなどのデフオイル交換 DIY

 比較的伸び調整の多いチェーンタイプのバイクより「シャフトドライブ系のバイク」はメンテナンスフリーに近いけれど、デフレンシャルのオイル交換をしっかりすることによって体感できるぐらいスムーズになるよ。

 密閉されているので汚れていないと思うけれど結構汚れる。どこからか水分が入りオイルが真っ白になってることもあり、その結果ギヤが錆びてしまうこともあるから指定距離でたまにチェック、交換。

自動車のデフと同じ!

①デフオイルの抜き出し口は下の方(漏斗がある方)、正面の穴は入れる方。下のドレンから抜くんだけどギヤオイルは特にくさいから嫌!・・・なので作業場といえども床につくといやなのでペットシーツを敷いた(^_^)抜いているオイルが下に落ちているけれど意外と黒い・・・。

②今回デフに使用するオイルは、スズキ 純正 エクスター GL-5 SAE90 400ml ハイボンド ギヤオイル(ギアオイル デフオイル ミッションオイル 船外機 マリン 船 ボート 二輪 自動車)純正品番 99000-22B33というもの。缶ではなく「チューブ」に入っていて使いやすいよ(入れやすい)。

③下のドレンを締めて(トルクレンチで規定値)、上の穴からオイルを入れます。このバイクは210mlらしいけれど、自動車のデフ玉と同じで、上のドレンから漏れそうなくらい(下記写真)で良い感じです。最後に上のドレンを規定値で締めて作業はおわり。

車も同じだから、デフオイル交換してみたらよいと思います。「加速時、本当にしゃっきりする!」体感できるんですよ。下の参考写真はジムニーJB64W。作業は自己責任でね!!

小西寛子の音楽を聴いてアナログシンガーソング編集部の活動をバックアップ

どこからも利益や影響を受けない完全独立系の客観的なニュース。世界的な情報ネットワークで誰もしらない情報まですべて無料!小西寛子の生み出す音楽を聴いて本ウェブサイトの応援お願いします。CDはこちら

全カテゴリー新着記事

もういちど読みたい産経デジタルiRONNA執筆記事

小西寛子アンカー動画

方針・お問い合わせなど

●当メディアの編集方針は,基本として小西編集長の気になる事象を取り上げています。取り上げて欲しい内容は,「ANALOGシンガーソング編集部」までお気軽にご連絡下さい。

●配信はフレックスです。ご利用のアプリでフォローしていただき記事を楽しんで下さい。

取材等情報アドレス
joho@hirokokonishi.com

BEETKIDS STUDIO TOKYO

Wolfgang LABEL
ANALOGシンガーソング編集部

運営会社:オフィススクワレル合同会社 (東京・長野・千葉・UK&IRELAND)

メタ情報