『白露』小西寛子 詞(詩)

『白露』小西寛子

秋の夜空を見上げ
恥ずかしがる月
遠すぎて会えなくなった
あなたかな
雲に隠れて
今日の日を過ごす

まあるい笑顔は
スケッチブックに
描き留めてあるから 今は
それだけを眺め
優しさと儚さが滲む
少し悲しい物語

目を閉じて空を眺める
わたしを照らす月 光のない町で
わたしを照らす月 心の中に

*All music written by ©2022 Hiroko Konishi 詞集作品はすべて弊社小西寛子著作物であり、著作権によって保護されています。引用の際は引用先とクレジットの記載をお願いいたします。

全カテゴリー新着記事

もういちど読みたい産経デジタルiRONNA執筆記事

小西寛子アンカー動画

方針・お問い合わせなど

●当メディアの編集方針は,基本として小西編集長の気になる事象を取り上げています。取り上げて欲しい内容は,「ANALOGシンガーソング編集部」までお気軽にご連絡下さい。

●配信はフレックスです。ご利用のアプリでフォローしていただき記事を楽しんで下さい。

取材等情報アドレス
joho@hirokokonishi.com

BEETKIDS STUDIO TOKYO

Wolfgang LABEL
ANALOGシンガーソング編集部

運営会社:オフィススクワレル合同会社 (東京・長野・千葉・UK&IRELAND)

メタ情報

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。