古いバイクにありがち。ふらふら不安定なスピードメーター、ワイヤーだけでは無いレストア考。

 古いバイク、アナログのスピードメーターで不安定なのをよく見かけます。スピードメーター故障といえば、ついついワイヤートラブルか本体か?となります。しかしながら実際はメーター本体、ワイヤー、そしてメーターギヤの3つの部分で構成されているんです・・・。ついついアクスルシャフト(フロントフォークの先、ホールの軸)についているメーターギアのことを忘れがちですね。

今回分解整備したメーターギア

 今回、私がレストアしているバイクも順番に見ていくと、メーターギアが結構な堅さになっていました。長年の間に土や砂などが沢山詰まっていたようです。外側も錆び錆びで、外して回してみるとかなり重く負荷がかかっています。

 そこで分解して、ワイヤブラシなどで固まったグリスなどを洗って乾燥した後に、グリスを少し入れ(たっぷり入れると負荷がかかりますよw)再度組み直しました。

 釣りのリールのようにシャーっと回りとても気持ちよい。これで当分安心ですね!

全カテゴリー新着記事

もういちど読みたい産経デジタルiRONNA執筆記事

小西寛子アンカー動画

方針・お問い合わせなど

●当メディアの編集方針は,基本として小西編集長の気になる事象を取り上げています。取り上げて欲しい内容は,「ANALOGシンガーソング編集部」までお気軽にご連絡下さい。

●配信はフレックスです。ご利用のアプリでフォローしていただき記事を楽しんで下さい。

取材等情報アドレス
joho@hirokokonishi.com

BEETKIDS STUDIO TOKYO

Wolfgang LABEL
ANALOGシンガーソング編集部

運営会社:オフィススクワレル合同会社 (東京・長野・千葉・UK&IRELAND)

メタ情報