ザ・ベンチャーズ斜め読み。THE VENTURES

今日6月14日(月)はインストゥルメンタルバンド「ザ・ベンチャーズ」結成の1959年〜2005年の体調悪化までのオリジナルメンバー、ベーシストの故ロバート・レナード・”ボブ“ ボーグル (Robert Lenard Bogle)さんが(2009年)他界された日。

ベンチャーズの音楽はほとんどの皆さんご存知なので省略するが、筆者もサーフィンサウンド愛好家でこのボブ・ボーグル氏の奥様が日本人ということもあり、アメリカ生まれのベンチャーズの音楽と日本の近い距離感を感じる。

同氏はギターブリッジなどを自身で製作したり楽器の改造もされる。筆者も他人のギターの修復を頼まれたりする事もあるが、きっかけはやはり自分の演奏するギターの改造から始まった。

写真・筆者が指板と呼ばれる部品を外したところ。ネックの(骨、SQネック)内部が見える

ベンチャーズでのボブ・ボーグル氏といえば結成当初の元々はギタリストで、同じくメンバーの2018年に他界した故ノーキー・エドワーズ氏と(ギターからベースへ)パートを途中交代したことで有名。

 氏は元々ギタリストとして型にはまらない(ベース理論は学ばなかったの由)自由なベースを弾く事でベンチャーズサウンドをよりポピュラーなものにしていったという功績は大きい。

現在も活動を続けているザ・ベンチャーズ。1960発売の日本タイトル「急がば廻れ」(ウォーク・ドント・ラン)は故ドン・エドワーズ氏がギターを弾いている曲なので故人を偲んで是非!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

全カテゴリー新着記事

もういちど読みたい産経デジタルiRONNA執筆記事

小西寛子アンカー動画

方針・お問い合わせなど

●当メディアの編集方針は,基本として小西編集長の気になる事象を取り上げています。取り上げて欲しい内容は,「ANALOGシンガーソング編集部」までお気軽にご連絡下さい。

●配信はフレックスです。ご利用のアプリでフォローしていただき記事を楽しんで下さい。

取材等情報アドレス
joho@hirokokonishi.com

BEETKIDS STUDIO TOKYO

Wolfgang LABEL
ANALOGシンガーソング編集部

運営会社:オフィススクワレル合同会社 (東京・長野・千葉・UK&IRELAND)

メタ情報