レトロな天然色の紙ジャケットをイメージ。消えつつある人の優しさを感じられる一曲「白い花のように」。

「歌いきりレコーディング」

 コロナ過、皆様の自宅にお届けする生録音癒やし音楽パッケージ。声優・シンガーソングライター小西寛子のアナログ・サウンド弾き語りシリーズの新曲「白い花のように」は、9月10日という発売日時を限定した楽曲。

 これには沢山の深いメッセージが込められている。ひとつに、小西寛子がお世話になった「ある作品」の原作者の命日。その方が受けたネット掲示板からの沢山の中傷、苦しさや辛さ、夢と仕事を奪われた心を追悼するものであるなど詞の想いは様々・・。

 *2020年発売したCDアルバム「1975」(二部作)の後編アルバム。「終わりなき旅人(仮)」に収録予定。

小西寛子は、とてつもなく力強い「生声」で、マイクを通し語りかける。

 昨今、「ぼっち」など呼ばれながらも、必死に生きようと頑張っている人々に向かい、小西寛子は「決してひとりじゃない!」そして、必ず「本物の優しさや愛がある」など、心の叫びを曲にした。

 本来ギター1本の弾き語り曲から急遽アレンジをし、レトロな雰囲気たっぷりのフォークロックに仕上げた。カウントから録音始めるなど、70年代スタイルの機材でスタジオセッション録音が緊張感も表現している。

コロナ禍のアーティストなど表現者の場所はライブ会場だけではない。

 現代の音は声質などを流行やユーザーの好みに合わせてノイズや歌声などもデジタル処理をしてしまうが音のバランス以外は機材の味を生かしほとんど手を加えていない。できればスピーカーとアンプで、また、良質のヘッドフォンで、オープンリールのダイナミックさを感じる往年の真空管サウンドを一度聴いてほしい。

*セッション録音のため、譜面その他ギターボディやピック音などのノイズが混入している場合があります。

ご購入は

●白い花のように JAN4573392731914 / 00:03:51 Amazon, AppleMusic ほか大手ダウンロードサイトから発売

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

全カテゴリー新着記事

もういちど読みたい産経デジタルiRONNA執筆記事

小西寛子アンカー動画

方針・お問い合わせなど

●当メディアの編集方針は,基本として小西編集長の気になる事象を取り上げています。取り上げて欲しい内容は,「ANALOGシンガーソング編集部」までお気軽にご連絡下さい。

●配信はフレックスです。ご利用のアプリでフォローしていただき記事を楽しんで下さい。

取材等情報アドレス
joho@hirokokonishi.com

BEETKIDS STUDIO TOKYO

Wolfgang LABEL
ANALOGシンガーソング編集部

運営会社:オフィススクワレル合同会社 (東京・長野・千葉・UK&IRELAND)

メタ情報